TWE-Lite?

TWE-LiteでとりあえずLチカしてみる - TWE-Lite

概要

Quadruptorでは,現在STM32マイコンと無線モジュールとが基板上に別々に存在しておりあまりよくないかもしれない.
TWE-Liteで置き換えできればと思い,とりあえずLチカさせてみることにした.

環境のセットアップ

ToCoNet SDK - TOCOS-WIRELESS.COMに従ってセットアップする.

コード

tokoro10g/twelite-ledblink
そのままEclipseのプロジェクトになっているので,Linuxな人は

$ cd /opt/TOCOS/TWESDK/Wks_ToCoNet
$ git clone https://github.com/tokoro10g/twelite-ledblink.git LEDBlink

して,Eclipseを起動,ワークスペースにプロジェクトをインポートしてビルドすればおk.

Windowsな人はzipファイルで落として解凍したほうが楽かも.

書き込み

UART-USBケーブルでの書き込み - TOCOS-WIRELESS.COMにはTWE-LiteでのPRGピンについての説明がなかったため,ここを参考にした:
TWE-Liteのファーム開発・書き換え方法 - 天ノ岩戸
どうやら2番ピンがPRGピンらしい.

$ jenprog.py -t /dev/ttyUSB0 LEDBlink/Build/LEDBlink_LEDBlink_JN5164_TDBG_0_1_1.bin

プログラムの書き込み自体は3秒ぐらいで終わる. 書き込み後リセットするとプログラムが走りだす.

動作

だいたい1秒ぐらいの間隔でLEDが点滅.

参考

TWE-Liteのファーム開発・書き換え方法 - 天ノ岩戸

コメントはこちら

  • 期待してます〜! -- jhotta? 2014-04-03 (木) 23:48:08


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-03 (木) 23:48:09 (1206d)